« お久しぶりのお久しぶり。 | メイン | 2day shop やります★ »

2011年2月 7日 (月)

おばあちゃんへ

今月3日、大好きなおばあちゃんが亡くなりました。
 
85歳でした。
 
 
弟が生まれたとき、
 
一ヶ月ほどおばあちゃんが私を預かってくれて
 
一緒に過ごしたね。
 
家が県外なので会えるのは年に2、3回。
 
それでもお盆、お正月のたびにお泊りにいけるのを
 
とても楽しみにしていました。 
 
泊まりに行ったらおばあちゃんのお部屋で一緒に寝たね。
 
おばあちゃんに怒られたことは一度もなかったな。
 
 
子供が好きなおばあちゃん、
 
待望の初孫を産んだことで少しは恩返しができたかな。
 
りっちゃんが生まれたときは高齢にもかかわらず
 
北九州まで駆けつけてくれたね。
 
それはそれは喜んでくれたね。

 
でもまだりっちゃんが小さいときはなかなか人見知りをして
 
おばあちゃんに抱っこされてくれなくって・・・ 
 
いま、りっちゃんも少しわかるようになってきて
 
これからひ孫とのふれあいを楽しんでほしかったのに
 
残念で仕方ありません。 
  
 

 
もうおばあちゃんの家に行ってもおばあちゃんの姿がないこと、
 
いつも車で帰るときに見えなくなるまで見送ってくれた姿を思い出すと
 
寂しくて悲しくて・・・ 
 
 
でもこの年までおばあちゃんといられて
 
私は幸せだったと思います。 
 
長生きしてくれてありがとう。 
 
たくさんの愛情をありがとう。 
  
 
どうか安らかに・・・ 

 


 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/408308/25950617

おばあちゃんへを参照しているブログ:

コメント

mariruさん、悲しいお別れをされたのですね。

でもおばあちゃんもmariruさんがそんなふうにおばあちゃんのことを思ってくれてる事…
ひ孫とも会えた事…
きっと幸せだったことでしょうね。

安らかに天国へ行かれる事でしょうねconfident

大好きだったおばあちゃんとの別れ…
きっとすごく悲しい気持ちでしょう
でも、いつも空の上からmariruさんの家族の事を
見守ってくれていると思いますよconfident

loveletterさくらさんへloveletter
 
コメントありがとうございます。
そう言っていただけるとちょっと慰められましたheart02
 
もう一年半ほど入院していて覚悟はしていましたが、
入院している頃の記憶はほとんどなくって、
今思い出すのは元気な頃のおばあちゃんばかりで、
じわじわと寂しさにおそわれていますdespair
 
きっと天国で杖をつかずに歩いたり
大好きな甘いものをたくさん食べて
幸せにすごしているのかなと思いますtulip

lovelettersnow*decoさんへloveletter
 
コメントありがとうございます。
 
りっちゃんがまだわからないなりに
「おばあちゃん、お空のお星様になったんでしょ?」
って言っていましたvirgo

そうですね、
私達のことを見守ってくれているって考えると、
なんだかおばあちゃんを近くに感じられるようで
うれしいです
clover

コメントを投稿